ディズニーでは何故、「いらっしゃいませ」という言葉を使わないのか?

これには涙ぐましい努力がありました^^

広く、サービス業、流通業、ホテル・レストラン業で使われてきたこの言葉、私がこの世界に入った時には接客5大用語、7大用語には必ず入っていて、誰もが言えるようにと教育されたものでした。今でもこの言葉も持つ意味は絶大なものがあります。

 

それがディズニーの開業時には「‟いらっしゃいませ“に何の意味があるのか?ディズニーはゲストとの会話を重んじる世界、いらっしゃいませと言った瞬間から会話が途切れてしまう。会話が続くように朝なら‟おはようございます”、夜なら‟こんばんは“というように!!」というフィロソフィーの指針が出てきました。

さあ、現場部門では大慌て、アトラクションでは大きな問題もなく受け入れられてきたが、飲食施設、商品施設では中々長い間に染み付いた習慣が出てしまい、中々受け入れられずにいました。

ですから、飲食施設では妥協案的に「いらっしゃいませ、おはようございます」、「いらっしゃいませ、こんばんは」と初めの1、2年は言っていたように記憶しています。特にできないのが、現場経験の豊富な店長たちでした。教える側が体に染みついて、納得していないために、結構時間がかかってしまったのです。今のように「こんにちは、今日はお暑いですね!」「おはようございます!雨の中ありがとうございます。ごゆっくりくつろいでくださいね」と言えるようになったのは開業して3年ぐらいかかったのではないでしょうか。

 

また、これは日本のホテル・レストラン業には大きな影響を与え、ディズニーの開業以降、「いらっしゃいませ」と言わずに、ごく普通の日常の挨拶言葉「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」を使う企業が増えてきています。

 

いつだったか飲食業の吉野家もマニュアルから「いらっしゃいませが消えた」という記事を見ました。新しい業態の店で、会話を促す必要が生じたからということでしたが、やはり1年半、かかって徹底したと社長が仰っていました。吉野家は色々な意味でお手本にすべきことが多い企業です。あの「うまい、やすい、おいしい」の標語はその最たるものです。吉野家の業態は「1分以内に食事を提供する‟ファーストフード“」ですから、今まで会話重視ではなかったのだと思います。ですが、これからの飲食業、流通業、テーマパークを含めた全てのサービス業は会話が大事な商品になります。早く?!気が付いて良かったと思います。

 

余談ですが、昔は日本の飲食業界やエンターテイメントの世界では出社時には昼であっても、夜であっても、「おはようございます」と言わなければなりませんでした。それらの世界では昼から夜にかけて仕事をする業種だったからです。ですから、ディズニーのエンターテイメントの世界に生きてきた人たちにとってもこの習慣となっている挨拶を変えるのはゲストに対してだけではなく、キャストに対しても大変だったのではないかと推測しています。今はどうなっているのでしょうか?でいつか関係者に確認してみようと思います。

 

先日、NHKの「チコちゃんに叱られる」22’03‘18の放送を見ていて、「いらっしゃいませ」の語源について、明治大学齋藤孝教授が説明していて、改めて勉強になりました。それによりますと、「徳川家康東海道53次(江戸日本橋京都三条大橋)を整備し、数多くの宿、茶屋が生まれたところから江戸中期から後期にかけて広まった」とありました。浮世絵師の歌川広重の「旅人留女(たびびとどめおんな」の絵にも客引きの様子が出てきますが、当時は東海道492kmに3000もの宿があり、名古屋の熱田区宮宿には熱田神宮があったせいでしょうか、284軒の宿があったそうで、相当な客引き合戦が繰り広げられていたと想像できます。それ以前は「おいでなさいまし」が一般的でしたが、これでは丁寧だが活気が無い、「いらっしゃいませ」の方が声高に叫ぶことでアピールできると考えたのでしょう。

「いらっしゃる」は来る、行く、いる、の尊敬語、それに丁寧の助詞「ます」の命令形「ませ」が付いてできたというのです。

 

いらっしゃる」⇒「いらっしゃり+ます」⇒のイ音便化・ますの命令形ませ⇒「いらっしゃいませ

 

確かに説明されると呼び込みの言葉だったと理解できます。今では元の意味を意識することなく挨拶の言葉として定着しているのがよく分かります。そしての接客コンテストの優勝者は「お客様の存在を意識していますよ」「いつでもサポートできますよ」という意思表示と考えていると言っています。私としてはどちらでも良いのですが、サービス業は益々、接客の中でも会話が重要になっていきます。客単価の高い、低いにかかわらず、お客様の意を叶え、来て良かった、又来たいと思わせられる接客をしたいものです。

 

21世紀、接客(会話)の重要性は益々増しています。

スプラッシュマウンテン裏話・・・

1992101日にスプラッシュマウンテンがオープンしました。

 

 スリル満点!!45度の急流を滑り落ちる水しぶき飛び散るアトラクション。ディズニー映画「南部の歌」をモチーフに、ブレアラビット、ブレアフォックス、ブレアベアと共に愉快な冒険をしながら丸太をくりぬいたボートで巡るお話です。

 

ここまでは誰でも知っているスプラッシュマウンテンですが、実はアメリカのスプラッシュマウンテンと日本のスプラッシュマウンテンは名前が一緒でも中身は微妙に違います。

 

ディズニーのアトラクションはどこの国のものを見ても何一つ同じものはありません。

 

 まず、ライドです。アメリカは1×7(ワン・バイ・セブン)のタンデムシートですが、日本では2×4(ツー・バイ・フォー)で同じ丸太をくりぬいたライドでも形状が違います。東京ではアメリカでの問題点(人気があるが、股を開いて乗るため女性には抵抗があり、キャパシティが減る)をクリアし、キャパシティを大きくし、8人乗りにしたのです。

 また、それに伴い水流テストを何度も行い、二つのシステムの改良をしています。

 ひとつはこのアトラクションの最大のポイントである最後に滝壺に落ちるシーン、アメリカでは気候がカラッとしているので水しぶきが上がってずぶぬれになっても平気ですが、日本では四季もあり、濡れた状態になったらゲストコンプレイン間違いなしです。想像してみてください、お正月、晴れ着姿で来たゲストがずぶぬれになることを・・・。そこで日本では大きな水しぶきが上がっても濡れないようブレーキシステムを微妙に変えています。

 もう一つは、スプラッシュマウンテンはローラーコースターライドの構造を応用していますが、一般的にローラーコースターは低いところから高いところへ移動していく際、カタカタ音がするのです。このカタカタという音はショーを台無しにするということで、音がしないようサイレントアンチロールバックシステムを独自開発しています。

 

 ディズニーは絶えずより良くしてオープンさせようとしていますので、何一つ同じアトラクション、ショーは無いのです。

ディズニー・レジェンド

ちょっと、いかめしい感じのタイトルだけど、ウォルトと共に歩んだ人たちからつい最近までのディズニーゆかりの人たち、ここでは私の個人的な思い入れの方々、数人を紹介したいと思います。

この賞は、1987年、ロイ・E・ディズニー(ウォルトの甥、ウォルトの兄、ロイの息子)によって設置された委員会によって選出されたもので、ディズニーに著しい貢献があった人に与えられる賞です。

 

【 日本 】

TDLを創った高橋政知さん、

TDSTDRを創った加賀見俊夫さん、

・コンシューマー・プロダクツの横山松夫さん、

TDL開業時に日本人スタッフがお世話になり、アメリカのパーク&リゾートでホテルの運営に力を尽くした雨宮英雄さん、

 

【 アメリカ 】

TDL開業時、アメリカのパークの社長だったディック・ヌーニスさん、

・TDL、世界中のディズニーテーマパークのデザインをしたWDI元社長のマーティ・スクラーさん、

・TDL開業に尽力をしたジェームス・コーラさん、

・お掃除の神様と言われたカストーディアルの責任者チャック・ボヤージアンさん、

・ウォルトと一緒に仕事をし、ミッキーの肖像画家、日本にも来たジョン・ヘンチさん、

TDLの「スターツアーズ(スターウォーズシリーズ)」TDSの「インディージョーンズ」で馴染みのジョージ・ルーカスさん。

TDL開業、そして10年

 

 それでは開業からの10年、どんなアトラクションやショーがオープンしたのか、見ていきたいと思います。

 

1983.4.15   東京ディズニーランド開園

・・・世界で3番目のディズニーテーマパーク誕生

 

1984   ファースト・アニバーサリー

 

1985   東京ディズニーランドエレクトリカルパレード

・・・光のフロートとダンサー、パフォーマー達によるナイトスペクタキュラー

 

1986   アリスのティーパーティー オープン

・・・「不思議の国のアリス」マッドハッターのお茶会をテーマにしたティーカップの回転ライド

 

       アリス・スプリングフェスティバル

・・・アリスが迷い込んだ不思議な国は愉快なお祭りの最中

 

       シンデレラ城ミステリーツアー オープン

・・・TDL独自のウォーキングタイプのアトラクション、悪を退治するのは誰か?!

 

1987   キャプテンEO オープン 

・・・主演マイケルジャクソン、製作総指揮ジョージルーカス、監督フランシスコッポラの豪華メンバーがお送りする3Dミュージカル・スペースア・ドベンチャー。これは1996年クローズするも、2009年マイケルジャクソンの死去に伴い2010年に復活、2014年年にクローズした。ディズニーの歴史の中で一度クローズしたアトラクションを再演するのは初めてのこと。ちなみに1997年から2010年まではミクロア・ドベンチャー

 

       ビッグサンダー・マウンテン オープン                                                  ・・・1800年代のカリフォルニアゴールドラッシュが過ぎ去った後の廃坑を猛スピードで走り抜け分る鉱山列車。当時の金鉱で実際に使われた台車、道具、計量器などをディスプレイし創り上げ、ドキドキスリル暗転のアトラクション。

 

        ディズニー・ミュージカルファンタジー

 ・・・ディズニーの名場面を音楽とダンスで繰り広げるキャッスル前ショー

 

1988    ディズニー・クラシックス・オン・パレード

 ・・・ディズニーの名場面を題材にしたパレード

 

1989    スターツアーズ オープン

・・・ディズニーとジョージルーカスによって生み出されたスペース・アドベンチャー。おなじみR2-D2C-3POの掛け合いの下にスタースピーダー3000に乗て・・・今はショーアップしている。また、ポストショーとしてイタリア系宇宙人がやっているピザレストランパンギャラクティック・ピザ・ポートに抜けるまで楽しくできている。

 

         アメリカン・/オールディーズ

・・・50年代、60年代のアメリカ、 プラザバンドスタンドで繰り広げられたロックンロールショー。

              

1990     スターライト・ファンタジー・ファンタジア‘90

・・・映画ファンタジアの50周年を記念して造られたナイト・エンターテイメント。

ミッキーがキャッスルの上から登場

 

1991     ディズニー・パーティグラ・パレード

・・・ラテンのリズムにのせて、歌い踊る華やかで陽気なカーニバル

 

1992     スプラッシュ・マウンテンクリッターカントリー) オープン

・・・映画南部の歌をモチーフにブレア・ラビット、ブレア・フォックス、ブレア・ベアの愉快な冒険を追いかけながら、丸太をくりぬいた船で周ります。最後にはスリル満点、45度の急流に落ちていきます。これによって、TDL3つのマウンテンが出そろいます。

 

         ディズニー・ワールドフェア

 ・・・ディズニーの仲間たちが世界を繋ぐ感動一杯のスペシャルイベント

 

 1993    ビジョナリアム オープン

 ・・・ビジョナリアムは夢を現実のものに変える空想家の館。そこにあるのは人類初のタイムマシン。全人類の大いなる夢を載せて初実験が行われようとしている。マシンを操作するのはロボットの‟タイムキーパー”、フォトドロイドの‟ナインアイ“に時間と空間を超えさせ、彼女の9つの目から、先史時代から、氷河期、中世、ルネッサンス期のイタリア、1900年のパリ万博・ジュール・ベルヌの世界へと次々にタイムスリップしていく・・・これは私にとっても思い出のアトラクション。タイムキーパーには所ジョ

ージさん、ナインアイには斉藤由貴さん、ジュール・ベルヌには岡田真澄さんに声の出演して頂いた。2002年クローズし、その後「バズ・ライトイーのアストロブラスター」が2004年オープン

 

        10周年 10th アニバーサリー・スペクタキュラー

            ディズニー・ファンタジー・オン・パレード

             マジック・イン・・ザ・スカイ

ウォルト・ディズニー、手塚治虫、ジョージ・ルーカスは繋がっていた・・・

 手塚治虫のすごさは、一定のジャンルに留まらず、多分野に渡り(戦争、未来過去、怪奇、ホラー、SF、医療等)そのキャラクター、ストーリーを自ら考え、その魅力、面白さを作画として表現できることです。またその全てが人間とは何か?愛とは何か?その根源に迫り、見ているものに問いかけ、知らず知らずのうちに考えさせられてしまうのです。それを昭和20年代、30年代の当時低級とされていた漫画の世界に持ち込んだのです。

その意味では海の向こうではウオルトが漫画からアニメの世界を創り上げ、同じようなことを手塚が生まれた時には既にやってのけているわけで、手塚がいつディズニーを知ったのかはわかりませんが、ストーリーやキャラクターの重要性について大きく影響を受けたのは間違いないと思います。ただ一つ違うのは、手塚は自分でストーリーを創り上げ、それに合うキャラクターを考え描いていったことに対して、ウオルトは誰でも知っている西洋の童話(白雪姫、シンデレラ他)をアレンジして独自の世界観を創り上げていったことです。

 

手塚プロダクションはライオンキングの盗作疑惑の時に静観し、訴えて出なかったのは手塚の思い(・・・ディズニーが好きだった)を知っている現在のスタッフが英断を下したのだと思います。

 

また、何処かで共通していて嬉しかったのは、アメリカのジョージ・ルーカスです。中野晴行さん監修の「手塚治虫からの伝言」の中に手塚が1977年にわざわざアメリカまで「スターウォーズ」を見に行っていると書いてありました。手塚はSFにも興味を持っていたからのようですが、これを監督したのが、幼いころからディズニーが大好きだったジョージ・ルーカスです。

彼が設立したルーカスフィルム社」は2012年、ウオルト・ディズニー・スタジオの傘下に入りました。当時はとてもセンセーショナルな出来事でした。私自身、1980年カナダのバンクーバーで、「スターウォーズ、帝国の逆襲」を見てからのファンでしたし、TDLスターツアーズ1989年導入に関わっていたので、あのルーカスフィルム社がディズニーの仲間に入ってくれたとよく覚えています。

ライオンキングは「ジャングル大帝」のパクリ!? 

今日、一年前に買っておいた「手塚治虫からの伝言」中野晴行監修を見終わった。やはり、手塚治虫という漫画家は日本の漫画・アニメの礎を創った人と改めて敬意を払いたいと思います。

 

 それで思い出したのが、”ライオンキング(1994年公開)は「ジャングル大帝」のパクリ!?“じゃないかという話です。確かに私がライオンキングを見ていても、細かいところは違うのですが全体のストーリー性、組み立ては確かに似ているとつい思ってしまうのです。ただ、最終的には手塚自身がディズニーを尊敬していた、ディズニーの世界が大好きだったこともあったからでしょう、裁判沙汰にならずに済んだと聞いています。手塚プロダクションの英断、私はそれでよかったのだと思います。クリエイティブな人間はどこかで刺激し合い、或るところを参考にし、さらに良くしながら作品作りをして行くものです。手塚が生きていても自分の作品が大好きなディズニー作品の参考になっていると、逆に喜んだのではないかと思うのです。

 

TDL開業からの10年

TDL開業前、そして10年

オリエンタルランドの株主に千葉県、浦安市が入っているのをご存じでしょうか?

開業前、お金が無かったオリエンタルランドの高橋政知社長は当時の千葉県川上知事、沼田副知事(後に県知事)の力添えがあって、三井不動産も首を縦に振り、また銀行協調融資団も結成されたとことある度に言っていました。また浦安市のまだ町時代の熊川町長もカリフォルニアのディズニーランドに視察に行き積極的に推進してくれたとも・・・。特に感謝していたのは、当時あった「日本興業銀行」の菅谷副頭取です。高橋さんと沼田さんが日本興業銀行を訪れた際に、これは「心の産業だ」と銀行の協調融資団(シンジケート)を結成するのに尽力してくれたそうです。そんなこともあり、県も市も株主に名を連ねているのです。そして、手前みそと言われるかもしれませんが、今は亡き、京成電鉄の川崎さんのディズニーに対する思い、そして三井不動産の江戸さんが高橋さんに白羽の矢を立てオリエンタルランドに連れてきたこと、様々な方々のご尽力があり、東京ディズニーランドができたこと、私は忘れません。

 

開業時、友人たちや親せきからは「お前、何であんな会社に行ったんだ。オリエンタルランドは遊園地が駄目になったら、土地を売るつもりでいるらしい」「あの会社はディズニーランドなんかどうでも良いと言っている」、はなから「土地転がし」と言われる始末でした。また、開業してから数年経ち、ある程度東京ディズニーランドは認知されるようになりましたが、名刺を差し出したときにオリエンタルランドのイメージからでしょうか、必ずといって良いほど、パチンコ屋さん?観光業の何か?!と聞き返され、「東京ディズニーランドを運営している会社です」と、説明しないとわかってくれませんでした。今は笑える昔ばなしですが、分かってもらえるようになったのは、やはり1996年に上場してからだと思います。ノスタルジーはつづく・・・